忍者ブログ
  • 2017.11
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2018.01
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/12/14 22:12 】 |
3月...もう春ですね!
って...ドイツは雪降りました。

最近、少し暖かくなってきていたのですが、冬へ戻ってしまいました。

今日は朝から、マッサージを受けに行って、Cafe Heinemanでランチして(今週二回目w)さっき家へ戻ってきました。お腹もいっぱいで眠くなってきたのでこれからお昼寝をします。zzz


ニョッキ↑

ローストビーフ↑

さて、お昼寝する前に...普段はどういう生活を送っているのかというと、
朝起きて朝食をたべたら、9時前に家を出て車で劇場まで行きます。
いま、本当の劇場はリノベート中で使っていなく、仮の劇場でリハーサル、パフォーマンスをしています。仮の劇場にしては立派なものです。
10時から、朝のレッスンをして15分休憩後にリハーサルをします。
途中30分のお昼休みが入って、5時までです。大体5時までリハーサルをすることは少ないです。
パフォーマンスがある日は、大体1時までのリハーサルで夜にまた劇場に戻ってきます。
ドイツでは、ダンサーの為の法律があって、リハーサルの間に休憩を入れないと行けなかったり、パフォーマンス前は5時間は休み時間を入れないといけないとか、芸術監督がダンサーに次のシーズンにクビを言い渡すのは、11月になる前に言い渡さないといけない(長くいるダンサー、ソリストには7月になる前)年間の休みは最低何日間入れないといけないなどなど、細かい決まりがあって、どこの劇場も同じようにダンサーは守られています。
お給料、健康保険、休暇手当、年金、退職金の積み立て等の、福利厚生もしっかりしています。
専属の衣装さん、メイクさんも劇場にいるので、ダンサーは踊ることだけに集中できる環境が整えられています。

今回はこれくらいで...ではおやすみなさい~
PR
【2010/03/06 22:42 】 | 未選択 | コメント(1) | トラックバック(0)
<<ぷ~ | ホーム | 食べ物...>>
コメント
うんうん
国なんだよなぁ
日本は仕分けと言う物があり芸術関係の予算もかなり減らされているようです
今まで以上に芸術家は住みにくい国に・・・
日本にはユニオンのような物がないからね
ただ守られすぎると作れない物もあるよね
【2010/03/07 03:55】| URL | あにぃ #29456ad679 [ 編集 ]


コメントの投稿














トラックバック
トラックバックURL

<<前ページ | ホーム | 次ページ>>